北海道遺産

北海道遺産とは

これまでの歩み   北海道遺産協議会   北海道遺産サポーター 情報誌ダウンロード

次の世代へ引き継ぎたい有形・無形の財産の中から、北海道民全体の宝物として選ばれたのが「北海道遺産」です。第1回選定分25件は平成13年10月22日に決定・公表されました。北海道の豊かな自然、北海道に生きてきた人々の歴史や文化、生活、産業など、各分野から道民参加によって選ばれました。平成13年10月22日に第1回選定分25件が、また、平成16年10月22日に第2回選定分27件が決定・公表され、北海道遺産は総計52件となりました。

※北海道遺産52件の詳細はこちら
北海道遺産52件のページへ

※52件の北海道遺産をくわしく紹介している情報誌、52件をコンパクトに紹介したリーフレット、各遺産所在地域におけるまちづくり活動を紹介した「北海道遺産とまちづくりパートⅡ」などがPDF形式でダウンロードできます。
情報誌等ダウンロードページへ

北海道遺産構想とは

掘り起こされた宝物を地域で守り、育て、活用していく中から新しい魅力を持った北海道を創造していく道民運動が「北海道遺産構想」です。多くの北海道遺産には、北海道遺産に深く関わりながら活動する「担い手」の市民が存在し、官主導ではない北海道遺産構想の象徴となっています。

北海道遺産は手を触れずに眺めるだけのものではなく、地域の中で活用しながら人づくりや地域づくり、観光促進をはじめとする経済の活性化につなげていくことこそが、この構想の最大の狙いでもあります。

○地域の宝物を掘り起こし、育成・活用する過程で地域づくりや人づくりを展開する
○自分が暮らすまちや地域への愛着と誇りを醸成する
○観光の促進をはじめ、地域経済の活性化へとつなげる

選定基準は

選定の基準には学術的な価値や美的な価値など「客観的な評価基準」だけではなく、地域が保全・活用に取り組んでいるものや、今後の取り組みに期待できるものなどの「思い入れ価値」が大きなウェイトを占めています。この思い入れこそがこれからの北海道づくりにとって大切なものだと考えるからです。そして、この二つに「北海道らしさ」を加味して選定されています。一般的に遺産という言葉からは、「過去のもの」というイメージが広がりがちですが、「北海道遺産」は地域の未来を創造していく資産なのです。