北海道遺産オフィシャルサイト

「留萌のニシン街道(旧佐賀家漁場、旧花田家番屋、岡田家と生活文化)」(留萌地域)

概要

ニシン漁は、松前藩の時代から北上するニシンを追い千石場所を変えながら、地域にさまざまな物語を残した。豊漁、薄漁、凶漁と気まぐれに押し寄せるニシンに翻弄され、いったん群来を見ると番屋では数の子や身欠きニシン作りにあけくれた。ある年、ニシンは忽然と姿を消したが、そんなニシン漁の賑わいをニシン街道の番屋と生活文化を今に伝える。

見学スポット
旧佐賀家漁場
往時のニシン漁場景観がそのまま残された道内唯一の国指定史跡。ここで使用された漁撈具も多数保存され、そのうち3745点が重要有形民族文化財にも指定されています。漁獲から加工まで行っていた「ニシン漁場」の姿がここにあります。※内部は非公開・車窓からの漁場景観の見学。
所在地 留萌市礼受
ガイド なし
お問合せ 海のふるさと館内
TEL 0164-43-6677
URL

http://www17.ocn.ne.jp/~rumoikyo/saga.htm

佐賀番屋
海のふるさと館
ニシン文化の全てがわかる施設です。
所在地 留萌市大町2丁目
ガイド なし
お問合せ TEL 0164-43-6677
ホームページ

http://rumoi-rasisa.jp/rumoide/archives/branch/furusatokan/

(NPO法人留萌観光協会HP)

旧花田家番屋(小平町)
昭和46年に国の重要文化財に指定。道内に現存するものでは最大の規模を誇る。最盛期には18ケ統の鰊定置網を経営する道内屈指の鰊漁家で、この番屋はその本拠として漁夫や職人総勢200人前後の人を収容していた建物です。
所在地 小平町字鬼鹿広富35-2
ガイド ボランティアガイド(要予約・無料)
お問合せ 道の駅「おびら鰊番屋」
TEL 0164-57-1411
ホームページ

http://www.hokkaido-michinoeki.jp/data/27/each.htm

(道の駅「おびら鰊番屋」HP)

旧花田家番屋
岡田家
1886年建築、ニシン街道最北にある岡田家鰊番屋。そんなに大きくありませんが、軒の高さに特徴があります。ニシンが姿を消す1955年ごろまで番屋として使用されていました。 老朽化のため2014年に解体されてしまいましたが、漁具などの資料は苫前町郷土資料館の展示で見ることができます。
所在地 苫前町苫前
ガイド なし
お問合せ 苫前町企画振興課まちおこし係
TEL 0164-64-2212
岡田家
お問合せ・関連サイト
関連ホームページ
留萌振興局

http://www.rumoi.pref.hokkaido.lg.jp/

留萌市

http://www.e-rumoi.jp/

小平町

http://www.town.obira.hokkaido.jp/

苫前町

http://www.town.tomamae.lg.jp/