北海道遺産オフィシャルサイト

「北限のブナ林」(黒松内町)

概要

ブナは温帯を代表する樹種で、北海道では渡島半島だけに分布する。黒松内町はその北限で、太平洋側の長万部と日本海側の寿都を結ぶ黒松内低地帯が境界線。黒松内町では、自然の恵みを伝える自然学校の開設など、ブナ林が育む豊かな生物多様性を活かした取り組みが進められている。また、渡島の七飯町には幕末に在住したドイツ人ガルトナーの植林したブナ人工林が残る。

お問合せ・関連サイト
関連ホームページ
黒松内町ホームページ

http://www.kuromatsunai.com/

黒松内町ブナセンターホームページ

http://www.host.or.jp/user/bunacent/

黒松内ぶなの森自然学校ホームページ

http://www.d2.dion.ne.jp/~buna_ns/

お問合せ
黒松内町環境政策課
TEL 0136-72-3374
黒松内ぶなの森自然学校 TEL 0136-77-2012