各地の北海道遺産

江別のれんが


江別市

未来志向の素材として
今も歴史を積んでいる

開拓使は内陸開発建築資材にれんがを奨励し、道内8地区17の工場で造られたれんがによって、北海道庁赤れんが庁舎をはじめ多くの名建築が生まれた。大正以降、全道一の陶土地帯である江別の野幌周辺へとれんが製造の中心が移り、現在も3つの工場が稼動している。市内には小学校やサイロ、民家など400棟以上のれんが建築物が美しい姿で現存している。

見学スポット

助成事業

  • 北海道遺産『江別のれんが』を活用したシティブランディングおよび交流人口の拡大

    H28年度 ほっかいどう遺産WAON寄附金による助成活動

お問い合わせ・関連サイト