各地の北海道遺産

北海道大学札幌農学校第2農場


札幌市

クラークの意思が宿る
近代農業モデル施設

「札幌農学校第2農場」は、クラーク博士の大農構想により、1877(明治10)年に建築した模範家畜房(モデルバーン)や穀物庫(コーンバーン)をはじめとするわが国最古の洋式農業建築群を揃えており、ここから日本の畑作・酪農の技術普及が進んだ。施設内には、明治初期に輸入したアメリカ製畜力機械など、近代農業史を語る貴重な資料も展示されており、例年春から秋には一般公開も行われている。

見学スポット

助成事業

  • 札幌農学校第2農場を活用した北海道遺産の発信プロジェクト

    H29年度 ほっかいどう遺産WAON寄附金による助成活動

  • 北海道遺産を巡る都市型サイクリングマップの作成事業

    H28年度 ほっかいどう遺産WAON寄附金による助成活動

  • 北海道遺産めぐり日帰りバスツアー

    H25年度 ほっかいどう遺産WAON寄附金による助成活動

お問い合わせ・関連サイト

  • お問い合わせ

    北海道大学総合博物館事務係
    TEL 011-706-2658