• 北海道遺産・食で伝えるプロジェクト

北海道遺産・食で伝えるプロジェクト

コンセプト

北海道遺産には、「ジンギスカン」のように《食》そのものが遺産、「留萌のニシン街道」のように《食》が含まれているもの、「北海幹線用水路」のように遺産が持つ物語が自慢の《食》を生み出しているものなど、《食》で語れるものが沢山あります。
また、2020 年に北海道庁が定めた食のブランド力向上のキャッチコピー「食絶景北海道」は、素晴らしい食の裏側には様々な「絶景」~豊かな大地や生産者のご苦労などの物語があることをイメージしています。
北海道遺産20周年を記念し、2021年10月から、《食》をテーマに北海道遺産の物語や絶景を順次お伝えしています。

記事一覧

  • 空知のお米と「北海幹線用水路」

    新米の炊き立てご飯から立ち上る湯気、田んぼには、黄金色に広がる稲穂と生産者の汗と笑顔。まさにそれは「食絶景」。北海道米は、長年にわたる研究と農家の皆さんの丁寧な米づくりへの努力によって、味も、そのブランド力もぐんぐん上がっています。

    印刷用PDFはこちら